ビーグレンホワイトケア 口コミ

ビーグレンホワイトケア 危険

更新日:

ビーグレンホワイトケア危険

これから、ビーグレンホワイトケアを使ってスキンケアしていこうという方の中には、

危険な成分は使われていないの?

副作用の心配はないの?

と色々と心配になったりもするのではないでしょうか?

ここでは、ビーグレンホワイトケアは危険なのか、それとも安全なのかをお伝えしようと思います!

ビーグレンホワイトケアの全成分がこちらです!

ビーグ先生
まずは、ビーグレンホワイトケアの成分を確認しましょう。

+をクリックすることで、全成分が見れますよ♪

ビーグレンホワイトケアの成分解析

+ クレイウォッシュの全成分を見る

水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

ビーグレンホワイトケアの成分解析

+ QuSomeローションの全成分を見る

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

ビーグレンホワイトケアの成分解析

+ Cセラムの全成分を見る

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

ビーグレンホワイトケアの成分解析

+ QuSomeホワイトクリーム1.9の全成分を見る

水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

ビーグレンホワイトケアの成分解析

+ QuSomeモイスチャーリッチクリームの全成分を見る

水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

 

こうして見てみると、少し美容に詳しい方なら、

「げっ、ハイドロキノンが入ってるから危険なんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃいますよね(^^;)

 

やっぱりハイドロキノンは危険なの?

一般的なハイドロキノンのイメージを整理すると、

・刺激が強くてピリピリとしそう

・酸化しやすくて、製品として心配

・とにかく肌に悪そう

・肌に浸透しづらそう

という風に感じている方が多いと思います。そして、これらはあながち間違った考えではないです。

 

しかし、ビーグレンホワイトケアは通常のハイドロキノンではなく、QuSome(キューソーム)化ハイドロキノンを配合しています。

QuSome化ハイドロキノンとは?

QuSome(キューソーム)は、新世代の『浸透テクノロジー』。美容成分を肌の奥まで届けるために開発された技術です。

QuSomeは元々、化粧品ではなく薬を肌の奥まで届ける技術として生まれました。

そのQuSomeには、成分の効果を高める4つのポイントがあります!

1.肌になじみやすいので、シミに早く効くこと

2.安定的に効果を発揮すること

3.必要としている箇所に、確実に届くということ

4.しっかり留まるので、効果が持続すること

 

ビーグレンホワイトケアの製品開発に対する考え方は、

「QuSomeを使って、その人に合った効果的な成分を、必要としている箇所に確実に届ける」

というようなシンプルかつ合理的な考え方。

 

だからこそビーグレンホワイトケアは、日本人女性の肌に合った化粧品と言われいるのかもしれませんね^ ^

ビーグレンホワイトケアの生みの親ブライアン・ケラー博士によると『肌はいくつになっても若くなれる』そうです。

副作用の危険性はある?

ビーグレンホワイトケアが採用しているのはQuSome化ハイドロキノンなので、通常のハイドロキノンよりも安全なのですが・・・

やっぱり、ビーグレンホワイトケアの副作用の有無は気になりますよね?

 

結論から言うと、ビーグレンホワイトケアを使って、

「ヒリヒリとしたかゆみがある」

「かぶれてしまった」

と言う方も一定数いらっしゃいます。

 

これは敏感肌に限らず、混合肌や普通肌の方にも当てはまることです。

やはり、どんな化粧品でも「100%安全!」と言うようなものはないので、心配な方はパッチテストをしたほうが良いでしょう。

ビーグレンホワイトケアの主な成分を解析!

ビーグレンホワイトケアの副作用

モンモリロナイト

天然クレイ「モンモリロナイト」は、余分な皮脂や汚れをごっそりと洗浄します。

肌に必要な潤いは残したまま、美容成分が浸透しやすいように働きかけます。

スクワラン

洗い上がりなめらかな肌へと仕上げます。

ヒアルロン酸

肌の水分を一定量保持し、肌の潤いを保つ働きがあります。

グリチルリチン酸ジカリウム

甘草から抽出した原料です。

肌が荒れたり、かぶれたりするのを防ぎます。

カミツレ花エキス

肌のターンオーバーを整える働きがあります。

ホメオシールド

角層を整えて、肌をなめらかな仕上がりにします。

VCエチル

ビタミンC誘導体で、肌環境を健康な状態に整えます。

アッケシソウエキス

紫外線や大気汚染といった外部ダメージから守るバリア機能の働きがあります。

EDP3

肌組織を芯から変えていき、肌にハリや弾力を与えてくれます。

アスコルビン酸

「アスコルビン酸=ビタミンC」です。

肌を活性化します。

ハイドロキノン

シミ消しクリームには必ずと言ってはいいほど配合されており、美白効果があるとされています。

ハイビスカス花発酵液

肌がもともと持っていた力を引き出します。

βホワイト

肌に明るさをもたらしてくれる成分です。

ゲンチアナ根エキス

肌の活性化に貢献します。

ポリアミン

肌にモチモチとした弾力を与えてくれます。

ラミリン

肌に強さをアプローチします。

アップレビティ

肌にプニプニとした弾力を与えます。

アクアエクストリーム

肌のバリア機能を高めてくれます。

わたし
ビーグレンホワイトケアの危険性についての解説は以上です。

他に気になることがあれば、ぜひ下の記事も合わせてご覧くださいね♪

Copyright© ビーグレンホワイトケアは嘘、効果なし→この口コミの真相は!? , 2019 All Rights Reserved.