ビーグレンホワイトケア 口コミ

ビーグレンホワイトケア 白斑

更新日:

ビーグレンホワイトケアに白斑の心配はあるのか

これから、ビーグレンホワイトケアでスキンケアしていこうという方の中には、

「ビーグレンホワイトケアで白斑症状は起きないの?」

と心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

2013年には、カネボウの美白化粧品による白斑症状を訴える患者が相次いで発生しました。

その事件以降、美白化粧品に対して慎重になる女性が増えてきているみたいです。

ここでは、ビーグレンホワイトケアによる白斑症状の心配はあるのかどうかをお伝えしようと思います。

白斑が問題視されたニュースがこちら

ビーグ先生
まずは、カネボウの白斑問題の動画をご覧ください。

1分でわかるカネボウの白斑問題

※音が出るのでご注意ください

 

このように、カネボウの美白化粧品を使ったことで、「肌がまだらに白くなる」という事件が2013年に起きました。

被害者の数はなんと1万人以上にのぼったと言います。

白斑の原因はカネボウ化粧品に含まれていた『ロドデノール』

検査するとアレルギー皮膚炎の陽性反応が出ました。

 

もちろん、ビーグレンホワイトケアにはロドデノールという美白成分は含まれていません。

しかし、ハイドロキノンという美白成分が含まれているので、これを心配される女性が多いようです。

ですので、ハイドロキノンがどんな成分であるのか解説していきますね↓

ハイドロキノンとは?

ビーグレンホワイトケアのハイドロキノン

ハイドロキノンはシミ消しクリームに配合されていることが多く、「肌の漂白剤」といわれるほど美白効果が高い成分です。

そのため、

「肌を白く漂白してしまうのでは?」

と勘違いされる方がいますが、実際には例えて言われているだけなので安心してくださいね(^^;)

 

しかし、ハイドロキノンは美白効果が強力な反面、刺激が強くて浸透力にかける少し厄介な成分というのも事実です。

わたし
だから皆、ビーグレンホワイトケアが危険じゃないか心配をしているのね。
そうみたいね。

でも、ビーグレンホワイトケアは普通のハイドロキノンとは構造が違うのよ。

ビーグ先生
わたし
えっ、そうなんですか?

通常のハイドロキノン

ハイドロキノン

通常のハイドロキノンだと、肌トラブルの元までたどり着くことができないの。

これでは、ただ単に肌に刺激を与えているのと同じこと。

ビーグ先生

QuSome化ハイドロキノン

QuSome化ハイドロキノン

一方ビーグレンホワイトケアは、QuSome化ハイドロキノンを使用しているの。

髪の毛の500分の1サイズのカプセルに必要な成分を、コンパクトに詰め込んだのがQuSome化ハイドロキノン。

これにより、肌の刺激を軽減し角質層まで成分が送ることができるのよ。

ビーグ先生
わたし
へぇ〜。

今まで『ハイドロキノン=危険』という認識だったけど、QuSome化ハイドロキノンならお肌に優しくて安心ですね♪

ビーグレンホワイトケアによる白斑の心配は?

ビーグレンホワイトケアのハイドロキノン

最後に、ビーグレンホワイトケアで白斑になるのかならないのかの話をします。

結論から言うと、「絶対に白斑しないと断言はできないがほぼほぼ大丈夫」だと言うことを伝えておきます。

どんな化粧品でも100%安全だと断言はできないのでこのように言わせていただきました。

 

まぁよくよく考えると、白斑になる商品が回収されることなく普通に販売され続けることはありません。

それに、「ハイドロキノンが5%以下の商品で白斑の報告は0」だそうです。

ビーグレンホワイトケアのハイドロキノンは1.9%ですので、そこまで神経質になる必要はないかなと私自身は思いますよ^ ^

 

ビーグレンホワイトケアで白斑症状になる危険性についての解説は以上です。

わたし
他に、「口コミ」や「店舗」、「危険性」などが知りたいという方は、下の記事も参考にしてみてくださいね♪

Copyright© ビーグレンホワイトケアは嘘、効果なし→この口コミの真相は!? , 2019 All Rights Reserved.