ビーグレンホワイトケア 口コミ

ビーグレンホワイトケア 使い方

更新日:

ビーグレンの正しい使い方

ビーグレンホワイトケアでこれからスキンケアしようという方の中には、

ビーグレンホワイトケアの正しい使い方が知りたい!

ビーグレンホワイトケアの使用感を見てみたい!

ここでは、ビーグレンホワイトケアの正しい使い方を動画付きで紹介しようと思います!

ビーグレンホワイトケアの正しい使い方!

ビーグレンの正しい使い方

はい、ズドーン!

今回は、こちらのトライアルセットを使って、ビーグレンホワイトケアの正しい使い方を解説していこうと思います!

ちなみにトライアルセットなら、

クレイウォッシュ
QuSomeローション
Cセラム
QuSomeホワイトクリーム1.9
QuSomeモイスチャーリッチクリーム

の豪華5点セットを1800円(送料無料)でお試しすることができますよ♪

わたし
サイズは小さいですが、定価で全て揃えようと思ったら28728円します。

かなりお手頃価格ですので、気になる方はチェックしてみると良いかもしれません^ ^

 

>>トライアルセットの詳細はこちら

 

それでは、順番にビーグレンホワイトケアの使い方を実践していきます↓

step
1
汚れを落とそう!

ビーグレンの正しい使い方

まずは、ぬるま湯で顔を洗いましょう。

ビーグレンの正しい使い方

最初に使うのが洗顔料の『クレイウォッシュ』です。

クレイウォッシュは、皮脂や毛穴の汚れ、角質などをごっそり吸着し、美容成分が浸透しやすい下準備の役割を果たしてくれます。

さくらんぼ大程度のクレイウォッシュを手に取りましょう。

ビーグレンの正しい使い方

顔全体に塗り、くるくると手のひらを使って、1分程度念入りになじませていきます。

特に泡立てる必要はありません。

ビーグレンの正しい使い方

洗い残しがないようにクレイウォッシュを洗い流します。

step
2
肌を潤そう!

ビーグレンの正しい使い方

次に使うのが、化粧水の『QuSomeローション』です。

17時間持続して保湿する効果があり、肌を乾燥から守ります。

直径3cm程度の量を手に取りましょう。

ビーグレンの正しい使い方

目元や鼻筋などの細かい箇所も指先で塗っていき、顔全体を保湿します。

ビーグレンの正しい使い方

最後に両手で顔全体をハンドプレスで包み込んだら完了です。

step
3
肌を整えよう!

ビーグレンの正しい使い方

次に使うのが美容液の『Cセラム』です。

肌の内側から透明感を引き出し、ハリや弾力を保ってくれます。

直径2cm程度のCセラムを手のひらに取ります。

ビーグレンの正しい使い方

顔全体に塗っていきます。

めっちゃテカってますが、すぐに肌に馴染むので安心してください笑

ビーグレンの正しい使い方

最後はハンドプレスで肌に浸透させたら完了です。

step
4
シミを消そう!

ビーグレンの正しい使い方

お次はクリームの『QuSomeホワイトクリーム1.9』です。

ビーグレンホワイトケアの醍醐味であるハイドロキノンが配合されていて、肌トラブルの根本である角層のすみずみまでアプローチします。ただ、ハイドロキノンが配合されているので夜のみ使用となります。

パール1〜2粒大のQuSomeホワイトクリーム1.9を手のひらに取りましょう。

ビーグレンの正しい使い方

額・顎・両頬・鼻の5点にチョンチョンチョンっと置いていきます。

ビーグレンの正しい使い方

顔の中心から外側に向かって、QuSomeホワイトクリーム1.9を伸ばして顔全体に塗っていきます。

ビーグレンの正しい使い方

最後は恒例のハンドプレスで完了です。

step
5
肌を守ろう!

ビーグレンの正しい使い方

最後はクリームの『QuSomeモイスチャーリッチクリーム』です。

ターンオーバーを整え、肌に明るさとハリを導いてくれます。

パール1〜2粒大のQuSomeモイスチャーリッチクリームを手のひらに取ります。

ビーグレンの正しい使い方

額・顎・両頬・鼻の5点に置いていきます。

ビーグレンの正しい使い方

目の周りは円を描くように指を動かし、顔全体になじませていきます。

ビーグレンの正しい使い方

手のひらで顔全体を包み込んでハンドプレスして完了です。

これが、ビーグレンホワイトケアのお手入れの流れとなります^ ^

よくある3つの間違った使用方法!

ビーグレンホワイトケアの間違った使用方法

Cセラムを大量につける

いくら乾燥が気になったとしても、むやみやたらにCセラムをつけてしまうとつっぱりの原因になってしまいます。

乾燥すると感じたとしても使用量を守りましょう。

ただし、首やデコルテに塗る分には問題ありませんよ^^

QuSomeローションを重ね付けする

QuSomeローションを少量ずつ何度も繰り返し塗る方がいますが、一度で十分に浸透するので大丈夫です。

QuSomeホワイトクリーム1.9をスポット的に使う

他社のシミ消しクリームですが、アンプルールさんのラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110のように、スポット的に塗るタイプの化粧品もあります。

ただ、ビーグレンホワイトケアでは今あるしシミにだけではなく、今は目に見えないシミにもマルチに対応するため、顔全体に塗るようにしましょう。

よくあるスキンケアの質問がこれ!

ビーグレンホワイトケアのよくある質問

どんな肌質の方でも使えますか?

オールスキンケアタイプなので、敏感肌、乾燥肌、アトピー肌、混合肌の方でもお使いいただけます。

ビーグレンホワイトケアの使用期限はありますか?

開封後は3ヶ月以内を目安にお使いください。高温多湿・直射日光を避けた場所で保管しましょう。冷蔵庫の中での保管はNGです。

QuSomeホワイトクリーム1.9はなぜ日中に使用したらダメなんですか?

QuSomeホワイトクリーム1.9に含まれるハイドロキノンは、紫外線に影響を受けやすい成分です。

日中使用は肌の負担となりやすいので、ビーグレンホワイトケアに限らずハイドロキノンが含まれている化粧品は夜のみお使いください。

他のメーカーの化粧品との併用はOKですか?

ライン使いにより効果を最大限に発揮することができますが、他社商品と併用して使っても問題はありません。

ただ、敏感肌の方は肌にかゆみが出てしまうケースもございます。

併用する場合は、少量ずつお試しください。

 

ビーグレンホワイトケアの使い方の説明は以上です。

わたし
他にも気になる記事があれば、下のリンクよりぜひご覧くださいね♪

Copyright© ビーグレンホワイトケアは嘘、効果なし→この口コミの真相は!? , 2019 All Rights Reserved.